デジタルオーディエンス測定の次なる進化
ニュース

デジタルオーディエンス測定の次なる進化

デジタル環境の急速な変化に合わせた測定ソリューション進化の重要性

すべてのマーケティング担当者にとって、広告キャンペーンのオーディエンス測定は、ROIをよりよく理解するための鍵となりますが、デジタルエコシステムの急速な変化と、消費者プライバシー規制への対応による業界の変化は、測定に対する新たな課題を継続的に投げかけています。そのような状況において、ニールセンはデジタル測定を進化させ、業界をリードしています。

ニールセンのソリューションの核となるのは、常に更新される20億以上の世界中のデバイスIDを搭載した、大規模なIDシステムです。このビッグデータがデジタル広告を視聴したオーディエンスに「人」ベースの属性情報で割り当てるための中核を担っています。

コネクテッドデバイスの利用が爆発的に伸び、多くの人が複数のデバイスを使用するようになった今、デバイスやパブリッシャーのプラットフォーム間で、重複のないオーディエンスリーチとフリークエンシーを測定することが不可欠になっています。ニールセンのパネル資産と高度なデータサイエンスの知見を活用することで、マーケティング担当者は自信を持ってターゲティングを最適化し、広告キャンペーンで実際の「人」にリーチすることができるのです。

デジタル広告測定の進化は、まさにここにあります。高品質の測定パネルで較正され、高度なデータサイエンスによって強化された、ファーストパーティ、およびサードパーティのビッグデータ資産は、業界が待ち望んでいた革命といえます。さらに、これはNielsen Oneを支える柱であり、すべてのスクリーンを横断する真のクロスプラットフォーム測定です。Nielsen Oneについて詳しくはこちらをご覧ください。