インサイト

定額制動画配信サービスの先に
レポート

定額制動画配信サービスの先に

動画配信オプションの増加と共に台頭する広告付き動画配信サービス

2020年初頭に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが発生し、全米の消費者が自宅隔離を余儀なくされた状況で、テレビ視聴の消費が増加し、その中でも特にストリーミング視聴が急増しました。

パンデミックは私たちの日常の生活スタイルを一変させ、新しい魅力的な時間の過ごし方を模索することを余儀なくしましたが、ストリーミングがその一役を担いました。以前はストリーミングを利用していなかった人を含め、メディアの消費パターンを恒久的に変化させたと言えるかもしれません。そして米国においては、あらゆる形態の動画ストリーミングサービスが史上最高の記録を更新しました。

新型コロナウイルス流行中に米国で行われた最近の消費者向けの調査では、回答者の25%が「ビデオストリーミングの契約を増やした」と回答しました。無料の広告付きテレビやCTV(コネクテッドTV)などのストリーミングサービスの各種は、コスト意識の高い消費者に新たな選択肢を提供しています。

今回の「定額制動画配信サービスの先に」では、米国における動画配信サービスの視聴動向を分析し、データに紐づくインサイトを交えて、下記の3つのパートを解説しています。

「定額制動画配信サービスの先に」の内容

1.広告付き動画配信サービスが増加中

2.米国の動画ストリーミングの利用とシェア

3.「その他」動画ストリーミングのカテゴリー比率