インサイト

2022 アニュアルマーケティングレポート 「協調の時代」
レポート

2022 アニュアルマーケティングレポート 「協調の時代」

2020年以降パンデミックの影響を受け、従来のマスリーチチャネルの多くが後退した後、2年もの困難な状況が続いた中でも、企業はマーケティング業務の再編を続けています。消費者の行動は流動的なのだけではなく、大きく変化したといえます。

これまでもそうであったように、マーケティング担当者にとって、データは道しるべとなります。ただし、そのデータには、有効なファーストパーティのデータ戦略によるものがますます求められています。

アニュアルマーケティングレポート「協調の時代」では、マーケティング担当者がいかにデータ活用に対して自信を持ってブランド構築と顧客獲得に注力し、アッパーファネル(認知)とローワーファネル(購入意向)両方の計画と実行を行う必要性について解説しています。

本レポートでは、ニールセンの調査をもとに下記の3つのパートについて解説しています。

2022 アニュアルマーケティングレポート 「協調の時代」の内容:

  • マーケティング担当者の最大の目的は「ブランド認知」
  • メディアの断片化が進み、全体的な測定の必要性が高まっている
  • データを活用し、パーソナライズしたマーケティング戦略をサポートすることが不可欠
  • パーパスドリブンの取り組みに注力することで、消費者とのつながりを深める

レポートは、こちらのURLからダウンロードすることができます:https://annualmarketingreport.nielsen.com/?lang=ja