インサイト

ファンがゲームチェンジャーになる
レポート

ファンがゲームチェンジャーになる

2022年グローバル スポーツ マーケティングレポート


変化自体は、それほど珍しいものではありません。しかし、新型コロナウイルスの影響で世界が過去2年間に経験したように、変化が非常に大きく、急速であったことは、これまでにほとんどないでしょう。スポーツ業界にとって、2021年半ばにスポーツ観戦へファンが戻ってきたことは、歓迎されました。一方、私たちの生活はパンデミックの間にあまりに進化しすぎてしまい、スポーツ業界がコロナ禍以前の姿に戻ることは容易ではなくなっていました。

ファンダムというこれまで試行錯誤を経たモデルも危機に晒されています。結果として、ファンはファン同士、そして、お気に入りの選手やチームとの結びつきを強めるためのデジタルコミュニティを構築しました。ファンダムは大勢の観客が物理的に一緒にいる形から、離れた場所にいながらにして、より積極的に行動する形に変化をしています。チケットの売上が落ち込む中、ファンはコミュニティを構築するための新しい方法として、チャット、共有、ベッティング、共同観戦などを見つけたのです。

本レポートでは、過去2年間における世界の消費者の動きと、それがスポーツのスポンサーシップモデルやコンテンツ配信に与えた影響について検証しています。

「ファンがゲームチェンジャーになる」の内容

  • 消費者とファンの行動変容
  • スポンサーシップモデルへの影響
  • スポーツメディアとコンテンツ配信への影響
  • ブランドとスポーツライツホルダーのためのヒント