インサイト

ストリーミングの現状
レポート

ストリーミングの現状

転機を迎えた動画ストリーミング業界

消費者のビデオコンテンツへの関わり方における大きな変化は、テレビ視聴のスタイルを恒久的に変えてしまいました。そして、オーバー・ザ・トップ(OTT)プラットフォームとコンテンツの急増は、今や消費者が把握しきれないほどの選択肢を提供しています。メディア企業が今後、ストリーミングファーストの考え方を必要とすることは明らかですが、消費者の行動や感情を理解し、消費者が求めているものを提供し、増え続ける選択肢の中で消費者を魅了し続けることも必要でしょう。

米国における番組タイトルは817,000を超え、それらのタイトルを配信するストリーミング・プラットフォームやアプリの数も同様に、増え続けています。

米国人の72%が「ビデオストリーミングサービスのユーザー体験が気に入っている」と答え、93%がストリーミングのオプションを増やすか、既存のプランに変更を加えない予定であることから、ストリーミングコンテンツに対する消費者の継続的な欲求に間違いはないでしょう。しかし、膨大なプラットフォームの選択肢は、視聴者を圧倒しています。

私たちの最初の「ストリーミングの現状(State of Play)」レポートは、ストリーミングの選択肢が爆発的に増えていること、そして消費者がどのようにそれに引き寄せられ、新しいサービスの数に圧倒されつつあるかに注目しています。これらのインサイトにより、メディア業界は、今後のストリーミングの明るい未来を実現する方法をよりよく理解できます。