プレスリリース

ニールセン、米国におけるオーディエンスおよびアウトカム測定のためのクッキーレス測定アプローチを発表

ニールセン デジタル広告視聴率(DAR)は、米国のデジタルビデオ広告総支出の約90%を測定し、サードパーティーデジタル識別子が失われた場合でも60%以上の測定能力を既に確保

ニューヨーク発, 2021年7月27日 – 本日、ニールセン(NYSE:NLSN)は、デジタル識別子への依存を排除し、広告主とパブリッシャーが動的でプライバシーファーストのメディア環境において自信を持って測定を継続できるようにするアプローチを発表しました。 認証済みおよび未認証のWebトラフィックを測定する新しいアプローチにより、ニールセンは、ファーストパーティのサーバーデータを実際の消費者の行動で検証するための主要なプラットフォームとなります。

サードパーティークッキーの廃止は、広告のエコシステムを根本的に変えるものです。他のデジタル識別子の劣化と相まって、ウェブサイトの閲覧からアプリの使用まで、オンラインユーザーの固有の習慣をよく理解できるファーストパーティデータがより重視されるようになっています。その結果、すべてのパブリッシャーやブランドは、独自のファーストパーティデータ戦略を策定し、アイデンティティが広告インプレッションに直接帰属しない場合は、他のデータシグナルを活用しなければならないという課題に直面しています。

ニールセンのチーフ・データ・オフィサーであるMainak Mazumdarは、「クッキーの台頭以来、業界が何かを学んだとすれば、デジタルメディアの測定には、拡張性、柔軟性、有用性が維持されなければならないということです。Nielsen ONEの一部としてリニアテレビとデジタルの重複排除を実現するために、ニールセンの新しいクッキーレス測定アプローチは、当社の立場をさらに強化するものです。認証されたデジタルトラフィックと認証されていないデジタルトラフィックを測定する我々の新しいアプローチは、キャンペーンの成功のための包括的な視点を確保し、リーチの最適化のための領域を明らかにするために、チャネルやプラットフォームを超えた拡張を可能にします。」と述べています。

新しい秩序に基づいた世界では、デジタル識別子の廃止に伴い、デジタルトラフィックは最終的に2つの異なるカテゴリーに分類されて測定されます。

認証済みトラフィック:ユーザーがログインした環境や同意したデバイスの識別子を持つトラフィック。認証されたトラフィックを測定するために、ニールセンは、ハッシュ化された電子メールアドレス、Unified ID 2.0、厳選された検証済みの自己申告の視聴者属性ラベルなど、参加しているクライアントから入手可能なすべての識別子とファーストパーティデータを活用します。これにより、ウォールドガーデンを含む広告エコシステムの相互運用性を確保し、サードパーティへの依存度を下げることでクライアントの測定を簡素化します。 

未認証のトラフィック: ログアウトされたトラフィックや、ログイン環境のないプロパティ上のトラフィック、または代替となる識別子が提供できないトラフィック。匿名トラフィックを測定するために、ニールセンは、時間、ブラウザ、コンテンツ、デバイス情報、FLoCグループなどのコンテクストデータ信号を追加した機械学習手法を開発しました。このモデルは、ニールセンの代表性が担保されたパネルを用いて精度を検証しています。未認証のトラフィックの視聴者属性情報付与もモデル化され、代表性と正確性の両面でパネルの観測結果と比較して検証されています。

昨年末、ニールセンはID Resolutionシステムを発表しましたが、今回の発表はニールセンのグローバルなアウトカムとクロスメディア測定ソリューションを網羅する、単一のクロスメディアカレンシーであるNielsen ONEの一環として、リニアおよびデジタルプラットフォームの重複排除を実現できるようになります。Nielsen ID システムは、ニールセンがメディアエコシステム全体で、相互運用可能な方法でIDデータを受け取リ、統合する役割を果たします。 Nielsen IDシステムの一部としてのNielsen ID グラフは、ニールセンの人ベースの代表性を担保したパネルで較正され、検証されています。これにより、Nielsen IDグラフは、実際のメディア消費、実際の視聴者属性、クロスデバイスの実際の利用状況を教師データとして検証されたIDグラフとなっています。

ニールセンは、オーディエンスとアウトカムを独立して測定するための技術と方法論を進化させ続けており、認証済みおよび未認証のウェブトラフィックを測定するための5つのアプローチを特定しています。 

  1. 相互運用性:デジタルアイデンティティが細分化されていく中で、ニールセンは、ハッシュ化された電子メールアドレス、Unified ID 2.0、検証された自己申告のデモグラフィックラベルなど、クライアントから提供された多様な識別子とファーストパーティデータを使用することで、広告エコシステムにおける相互運用性を確保し、将来の変化に機敏に対応し、クライアントの測定を簡素化します。
  2. 比較可能性:代替識別子やファーストパーティデータがない場合でも、ニールセンはプラットフォームやパブリッシャーを横断した共通の測定フレームワークとデータサイエンスにより、ニールセンのパネルによって補正された比較可能性を提供することができます。例えば、ニールセンは人ベースのパネルの視聴時刻や視聴時間、ブラウザ、その他のメタデータを使用して、未認証の視聴者やアウトカムの測定のための視聴者属性の割り当てを決定します。
  3. 永続性:ニールセンは、脆弱な識別子に支えられたIDバックボーンから、時間が経過しても一貫性のある安定した識別子を活用して、実際の人や世帯に結びついた測定を提供するNielsen IDシステムへの移行を進めています。
  4. 機密性:Nielsen ID システムの手法に組み込まれた新しい機密性の高いコンピューティング技術により、ニールセンは視聴者とアウトカムの測定においてデータの機密性をより確実にしています。独自のコンフィデンシャル・コンピューティング・テクノロジーにより、ニールセンは多様な分析アプリケーションを実行することができ、より迅速で柔軟なカスタム分析機能を顧客に提供することができます。
  5. Measurement-Built: Nielsen ID システムの核となるIDグラフは、ニールセンの代表性を担保したパネルで較正されており、精度と代表性を保証するために、実際のメディア消費、視聴者属性、クロスデバイスの使用状況によって検証されています。

ニールセンは、急速に進化するデジタルメディアのエコシステムの測定において、常に最先端を走っています。ニールセン デジタル広告視聴率(DAR)のクッキーレス・アプローチは、単一のサードパーティ・プロバイダーへの依存度を低減するために行った、デジタルオーディエンス測定メソドロジーの変更を発展させたものです。現在、ニールセン デジタル広告視聴率(DAR)は、米国のデジタルビデオ広告支出全体の約90%を測定しており、そのうち60%以上は、サードパーティ識別子が失われても大丈夫なようになっています。この新しいアプローチにより、ニールセンは、業界がクッキーレス環境に移行する2023年までに、デジタル識別子の劣化に対する完全な回復力を達成することを目指しています。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE:NLSN)は、メディア業界の全体的かつ客観的な理解を提供するための世界有数のデータと分析を提供しています。ニールセンはオーディエンスの測定、オーディエンスの成果、コンテンツに関するサービスを通じて、クライアントとパートナーに複雑な問題に対するシンプルなソリューションを提供することで、クライアントの投資や成長戦略の価値を最適化しています。ニールセンは、重複を排除したクロスメディア・オーディエンス測定を提供できる唯一の企業です。ニールセンとクライアントにとって、Audience is EverythingTM であり、ニールセンはすべてのオーディエンスの声が重要であることを保証することに取り組んでいます。

S&P 500企業としてニールセンは、約60カ国で測定と分析のサービスを提供しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com またはwww.nielsen.com/investors